ワタシはこうしてテレフォンセックスに依存している

ワタシはちょっと男性恐怖症ですね。結局男性から痛い目に合った経験を持っているのです。
もう男性と大丈夫と言う感じですよ。早々三十にして、もう男性は満腹、辟易としている訳です。実際でもワタシは独身です。独身は気楽で楽しいです。
zR9Qml2UTQ0しかし、世間はこんなワタシをどんな感じでみているのでしょうか。ということをつい考える訳です。
それって満足しているように見えて満足してない証拠のようなものです。ワタシはちょっと男性にやっぱり後ろめたい気持ちも持っているようです。

そして、ワタシはやっぱり性的に満足出来ないということです。
いえいえ、やっぱり、一人オ○ニーは淋しいですね。オ○ニーしているとちょっと泣きたい気分になってしまうものです。
そういうワタシが、テレフォンセックスと出会ったのです。
出会い系サイトで、ちょっと本当の出会いなど探しているうちにテレフォンセックスという方法に出会いました。

やっぱり、ワタシ、まだまだ本当の出会いの恐怖心を持っているのです。
しかし、テレフォンセックスなら・・・と言う感じです。テレフォンセックスなら、別にここに男性がいて、ワタシを襲ってくる訳でもありませんし。
そして、テレフォンセックスでワタシの欲求不満を解消してかつ、段々と男性に慣れていきたいと思っているのです。
テレフォンセックスは、ワタシのレッスンの場所なのです。テレフォンセックスの相手はワタシにとって非常に優しい紳士ばかりです。

二人だけの妄想世界で楽しむテレフォンセックスなので、外部に聞こえないようにしよう。

想像力が豊かな人しかテレフォンセックスは楽しめないのか?と言えば、そうではありません。

そんなにテレフォンセックスを難しく考えなくて良いのです。

誰でも密かに想像してしまう時ってあるはずです。

たとえば、口にこそ出しませんが、街を歩いていてすれ違った女性が魅力的だったり、いい香りがしたとするなら・・。

内心ではちょっとエッチな事を考えたりしませんか?「そんな程度でいちいちエッチな事を想像するわけないよ」。言えますか?

口にさえ出さなければ周囲に気づかれる事はありませんから、恥ずかしくもなんともないでしょうね。

実は人間には誰にでも想像力が備わっていると思うのです。ですからエッチな妄想や想像をする事は悪い事ではありません。

リアルに好きな相手ができたとして、「この人とどんな風にエッチする日がくるのだろう?」なんて思うはずです。

それだって充分想像しているわけですし・。

だからテレフォンセックスをする機会を作るか?作らないか?だけの問題です。

実行してみるとテレフォンセックスの魅力が分かるのですけど・・。

さて、妄想・想像をしながら楽しむテレフォンセックスですが、カップルは情熱的に燃え上がって、二人の世界に入っています。

それは良いのですが、周囲にはテレフォンセックスとまったく無関係の人達もいるのです。

いくら自分の部屋にこもってテレフォンセックスを楽しんでいるとは言え、思わず絶頂の声をあげないとも限らないでしょ?

夢中になり過ぎると、秘密がバレてしまいます。そうなると現実の世界で恥ずかしい思いをする事でしょう。

山の中の一軒家ではないと思いますので、あくまでも興奮している声が周囲に聞こえないように注意しましょう。

こんな事を言うとシラケそうですけど、テレフォンセックスを傍観者的に見てしまうと、おかしな人だと思われるだけです。

「今、テレフォンセックスでいいところだから、ごめんね」。なんて言い訳しながらできないですよね。それこそシラケます。

要するに、現実社会を離れて楽しむとは言え、秘密にしながら楽しまなければならないと言う事です。

テレフォンセックスもリアルセックスも、外に声が漏れるようでは、やっぱり翌日から恥ずかしいにきまっていますよね〜。

テレフォンセックスには欠かせないのは雰囲気づくりでしょう。

まだリアルセックスにこだわる人が多いかも知れませんが、テレフォンセックスが見直されてきているのをご存じですか?

一度でも体験した事がある人は、リピーターになっている傾向があるようです。

やはり、どんなにテレフォンセックスを説明したとしても、体験した人にはかなわないようです。

残念なのは、「体験してみようかな?」と思う気持ちが湧くか?湧かないか?問題はそこにあるようです。

しかし、ちょっと考えてみてください。テレフォンセックスは非常に経済的に楽しめるのです。

セックス関係を楽しむ場所は色々ありますが、それなりに費用がかかります。

普通にデートをするだけでも、色々な必要経費がかかるでしょ?

「そんな事を言っていたらセックスなんてできないじゃないか?」と言われそうですが、

テレフォンセックスを体感していないから、どうしてもリアルな出会いやリアルなセックスしか理解できないのだと思いますよ。

あのね・・。男女がテレフォンセックスに合意した場合、お互いに性的興奮を増したい気持ちになるのです。

その為には、お互いに工夫をしています。たとえ一緒の部屋にいない相手だとしてもです。

むしろ、同じ部屋にいない相手だからこそ、エッチな気分を盛り上げる努力を惜しみなくしているのです。

それを面倒臭いと思いますか?意外と妄想の世界に引きずり込まれたりして・・。

リアルなセックスをする場合でも、薄明りの中で行う事ってあるでしょ?

そのような雰囲気をテレフォンセックスでも作るのです。これから繰り広げられるセックスを妄想しやすいようにです。

テレフォンセックスを始める時は、今いる場所がホテル内であるかのように思い込むのも良いですね(笑)

現実逃避と言われるかも知れませんが、頭の中は現実に目を向けずにテレフォンセックスの相手を想像する事に集中するのです。

それさえできれば、きっと素晴らしい快楽を味わえるはずです。テレフォンセックスって・・そういうものです。

しらけた気分では決してできないのがテレフォンセックスだと言う事だけ、覚えておいてください。

やる時は真剣に、それがテレフォンセックスのマナーかも知れませんよ。どうせするなら満足したいのはお互い様ですもの・。

テレフォンセックスだって、男女ともに満足感が欲しいのです。

テレフォンセックスとリアルなセックスの違いは、当然、肉体関係を実際に持たない点だと言えます。

しかし、セックスをする意識と言うか・満足感と言う点に於いては、リアルなセックスもテレフォンセックスも同じだと思います。

理想的なセックスの定義があるのか決めつけられませんが、男女がお互いに快楽を味わえる事が理想的だと思っているのですが・。

もしも、男性だけが絶頂を味わうセックスだったなら、女性は不満に思うでしょ?

まさか?「私は男性に感じてもらうだけで満足よ」と言う女性ばかりいるとは思えないし、その逆も然りです。

一般的に性の不一致が話題に出る時があります。リアルなセックスをしている人達の感想に違いありません。

男性が身勝手なセックスをしていたとか、女性が男性に尽くさないとか・・。色々な理由があるのでしょう。

テレフォンセックスにも、多少は当てはまるのです。

テレフォンセックスの場合、性の不一致と言う表現はおかしいと思いますが、やはり一方的なテレフォンセックスはいけませんね。

セックスは共同作業ですから、男女のどちらかが火付け役をし、徐々に火は燃え上がり、興奮の渦となるのです。

例えば、男性が女性を興奮させる側になり、女性の身体に火がつき、もだえ始めるとしましょう。

その様子が電話口から聞こえてきたなら、男性もテンションがあがりマスターベーションにスイッチが入るのです。

やはり男女が共に絶頂感を味わえてこそ、テレフォンセックスの価値があると思うのです。

女性が興奮している様子を楽しむだけで十分だ・・と言う男性もいるかも知れませんが、それはちょっと淋しい気がします。

電話を通して、お互いに快感を伝え合って、それに輪をかけるように快感をまた伝える。これが快楽の渦状態です(笑)

これなら、男女が一緒に満足できるじゃないですか?

盛り上がる時は、なりふり構わず楽しめるのがテレフォンセックスなのです。

どうすれば女性にスイッチがはいるのか?それを知っている人はテレフォンセックスのテクニシャンです。

誰でも最初からセックスが上手ではないと思うのです。テレフォンセックスもそう言う点では同じだと思います。

しかも、身体に相性があるように、テレフォンセックスをする場合にも、話し易い人とそうではない人があるでしょう。

とにかく何度か経験を重ねていかないと、テレフォンセックスの手応えや要領は分からないものです。

まずは、相手を探さなくてはなりませんけど・。相手を探す苦労など、過去の比ではない時代だと思いますので、後は練習ですね。

テレフォンセックスは当たり前の事ですが、相手と声でしか繋がっていません。

声や言葉で相手を興奮させ、その時々に自分の手応えを覚えていくようにしましょう。すると次第に腕が上がるはずです。

たとえば、電話口の声が、興奮を抑えている雰囲気だったり、すでに鼻息が荒かったりすると、「あっ!その気になってるな」

と感じるものです。どのような言葉や声で興奮するのか?色々と研究をしている人もいるのです。

それだけテレフォンセックスの価値が上がってきたからでしょう。テレフォンセックスのチャレンジャーが増えて来たわけです。

次々とテレフォンセックスをしていると、コツがつかめるようになるでしょう。

相手が興奮しないと自分だってつまらないのですから、相手を興奮させる為に声のトーンや言葉使いも工夫しているようです。

真剣にテレフォンセックスに取り組んでいる人だと思えてなりません。

きっと、リアルセックス以上に魅力を感じてしまったからではないでしょうか?

そばにいない女性を興奮させる雰囲気作りが上手な男性は、テレフォンセックスのベテランだと言っておきます。

そのような男性の相手ができる女性は、たぶん強い快感を味わえるのではないかな?と想像をしてしまいます。

何しろリアルセックスのように、肌に触れて愛撫ができませんので、ムードで勝負するしかないのです。

いつもムード作りに成功するとは限りませんが、ムードはとてもテレフォンセックスには重要だと理解してください。

最大のテクニックは、ムード作りだと言っておきます。

24歳OLの私は大胆に攻める~女性なら無料で楽しめるのでたくさん利用しちゃいます

エッチなことには興味あるし“したい”けど、男性は怖いし触られたくない・・・なんて人、多いんじゃないでしょうか。私もそんな一人で、テレフォンセックスを知るまでは悶々とした毎日を送っていました。

テレフォンセックスのいい所は、実際に会う必要がないこと。電話越しのエッチだから触られることもないし、何より私の素性を知られないのは嬉しい。

だから私、テレフォンセックスの時は大胆に攻めてます。普段は口にしない言葉でねちっこく話しかけたり、大音量でハァハァ喘いだり・・・。ひとり暮らし万歳!

もちろん実際のセックスと比べたら、気持ちよさなんて微々たるものでしょう。自分の指で弄ってるわけですし。でも、男性に触られる恐怖と比較>快楽の私には、これで十分。最近は通販でエッチな玩具を購入して、更にテレフォンセックスを楽しんでいます。

そうそう。テレフォンセックスは有料サービスとして知られていますが、女性は無料で利用できるサイトもあるんですよ。男性に電話を掛けてもらえば、通信費も掛かりません。

その場合はアドレスを教える必要がありますが、私はテレフォンセックス専用の携帯を用意し、そのアドレスを教えています。これなら何時でも破棄出来るので安心です。ガラゲーの一番安いプランなら、月1000円も掛かりませんよ。

気になる人は、ぜひ試してください!きっとハマるはずです。

45歳男性とある後輩の雑談~後輩にも進めちゃいました

テレフォンセックスっていうと、かつては女性探しが大変でした。専門サイトなんて便利なものが無ければ、そもそもインターネットが普及していませんでしたからね。

そのため店舗を利用していたわけですが・・・女性からの電話は早い者勝ち。それこそ、早押しのクイズ大会みたいな光景が当たり前でした。

僕も何度か店舗を利用しましたが、女性とゆっくり会話した記憶はないですね〜。それにシャイな僕は、周囲に会話を聞かれるのが恥ずかしくて、いつも小声でした(個室といっても、ベニヤ板一枚だったり・・・)。

なので、現代のテレフォンセックス事情は本当に有り難い。自宅からゆっくり、女性とあんな話やこんな話を出来るんですから!僕はこの歳で独身なので、暇さえあれば女性と楽しんでいます。

そんなことを会社の後輩に話したら、何やら食いついた。どうやって利用するのか、お金は掛かるのか、真剣な表情で聞いてくる。

「何、何。君テレフォンセックスに興味ある感じ?」

「めっちゃありますよ!俺、出会い系やってるんすけど連敗続きで・・・」

「そりゃあ君、実際にデートとなりゃ女の子は警戒するからね」

その点、自宅から利用できる=デート不要=危険が少ないテレフォンセックスは女性にも人気。タイミングさえ合えば、すぐにでもエッチな会話が始まります。

「ぶっちゃけ聞いていいですか」

「何?」

「下ネタとかエロトークとか、いきなり始めて女性から引かれたりしないっすか?」

「ないないw寧ろいきなり始めないと怒る子もいるよw」

「まじでww」

とりあえず後輩には、僕が愛用している専門サイトのアドレスを渡して置きました。後日談を聞くのが今から楽しみです。

33歳営業マンは車で電話エッチ~癒しを求めて

営業マンって、意外と暇な時間が出来るんですよ。予定の9割以上は先方優先で決まりますから、「御免ね。二時間くらい予定ずらしてくれる?」と言われれば、従うしかないわけです。

以前は、その暇を持て余していました。漫喫は飽きたし、スマホでも特に面白いことはないし。

そんな時に知ったのが、このテレフォンセックスでした。

はじめは無料ポイント分だけ・・・と、暇つぶしに始めました。その時に相手をしてくれたのは、40代の熟れた人妻。エロくて深い声にやられて、下着を汚してしまいました。

俺は、その時の興奮を忘れることが出来ず、本能のままに課金。以来、暇を見つけては楽しんでいます。もちろん、営業車には着替え用の下着が積んであります。

とはいえ、必ずしもエッチな会話をするわけじゃないです。相手の女性によっては、雑談だけで終わることもあります。なんていうか、落ち着く声の女性とは“普通”に楽しみたいんですよね。きっと俺は、彼女らに癒しを求めてるんだと思います。

テレフォンセックスの活用法は自由ですから、俺のように雑談をしても全く問題はないです。ただし、女性がエッチな会話を希望している場合は、合わせてあげたほうが良いと思います。

利用料はそれなりに掛かりますが、不倫やセフレなんかと比較すれば安いものです。ホテル代や交通費は掛からないし、何より性病をはじめとする厄介ごとを貰うことがない。テレフォンセックスは、如何わしいながら非常にクリーンな男女関係なのです。

32歳男性医師の暇つぶし~初恋の女性と何度でも

都内病院に医師として勤めています。医師はがっつり稼げる仕事ですが、いかんせ時間がない。外出するくらいなら自宅で休眠・・・というのが僕の日常です。

とはいえ、それはそれで退屈なわけです。奥さんでもいれば、また違った時間を楽しめたでしょう。しかしながら僕は独身・・・自宅で僕を構ってくれるのは小型犬だけという、ちょっと寂しい生活です。

そんな僕が、最近ハマっている遊びは『テレフォンセックス』です。自宅にいながら女性とお話が出来て、尚且つエッチなことまで楽しめる・・・それでいて大した料金は掛からないとなれば、遊ばない手はありません!

テレフォンセックスのメリットは、24時間365日いつでも好きなタイミングで利用できる点です。深夜や早朝であっても、まったく問題はありません。エッチな女性が、エッチな僕らを待ってくれています。

僕はいつも、初恋の女性を思い浮かべながらテレフォンセックスしています。電話越しですから、相手の情報は“声”だけ。だから、姿を自由に想像できるんですね。

僕は幼少の頃から想像力が豊かだったので、実際のセックス並み―もしかしたら、それ以上に興奮を得ているかもしれません。偽りとはいえ、初恋の人とエッチする時間は夢心地です。

36歳人妻の秘め事~誰にも言えないストレス発散方法

テレフォンセックスって便利ですよね。第三者の目に触れないから行為がバレることはないし、何よりお金が掛からない。我が家には子供がいないため、日中は私ひとり・・・楽しまない手はありません。

それに、悪いのは夫です。仕事にかまけて私を構ってくれないどころか、ストレスの捌け口にする。毎日、毎日・・・同僚の愚痴ばかり。おまけに「お前は楽でいいよな。俺の金でニートして」ですって。

あなたの衣類を洗濯し、風呂を沸かし、散らかした部屋を片付けているのは誰ですか!外食は体に悪そうだからと、深夜2時にも関わらず私に夜食を作らせるのは誰ですか!

そんなわけで、私にとってテレフォンセックスは息抜きであり、ストレス発散なのです。罪悪感なんてありませんよ。浮気をしているって気持ちもないですし。それこそ、バッティングセンターでストレス発散することと同じ感覚です。

あなたが、私と似たような境遇にある女性であるなら、一度テレフォンセックスを試して下さい。日常から解放され、ストレスがすっと消えていくのは快感ですよ。

それにテレフォンセックスの男性たちは、女性を大事に扱ってくれます。乱暴な口調の人もいますが、基本的にはみんな紳士です。

もちろん、利用履歴は残さないよう気をつけて下さいね。